CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< NEXT ISSUE OF F1MODELING | main | VISITING AUTO MODELLI GT >>
COME BACK TO FORD Mk.II
ふたたびGT40であります。作業に入る前に、和書・洋書を含めていろいろな資料を揃えましたが、モデルカーズの Vol.18 とカーマガジンのVol.177 の2冊が重宝しています(ただし、いずれもレストア後の車なのでそれなりの注意が必要です)。

ボディのほうはフロントマスクの修正が済んだので、次の課題はボンネットの形状の見直しと筋彫りです。なぜかここのパーツだけ、メタルの鋳造がラフなので、パーティングラインを消しつつ、平面やエッジをきっちり出しておきます。すでに削り取ってしまったラジエターのアウトレット中央の仕切り板も、洋白の薄板で作り直しました。ボディとは別個に塗装して、取り付けのタイミングは仕上げのクリアーを吹く手前かな?

常に『もっと良くするには?』と自分に問い続けることが大切です。同じことの繰り返しでは、気持ちがどんどんスレて消耗してしまうので・・これは別に模型に限ったことじゃなく、生活全般に言えることですね。

First of all, I updated the GT40 diary on my site for the first time in a long while! Something modifications to the front nose seem successful and I began to trim the bonnet. I added center division plate into the air outlet, for example. The yellow mush you can see above photo is epoxy filler. I couldn't tolerate such a loose gap between the bonnet and the body, so I've caulked it with the filler. The re-engraving would be annoying but I like elaborate workmanship!
スポンサードリンク
| AMR FORD Mk.II | 09:13 | comments(0) | - |
コメント
コメントする