CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< ROAD TO SHIZUOKA 2 | main | REFERENCE OF FAN-CAR >>
ROAD TO SHIZUOKA 3
タイヤについては以前、'95年のルマン優勝車をレストアした際、予備に作っておいたABS樹脂製のものを使います。1mmと0.3mmのプラ板を張り合わせて作ったスペーサーをシャシーの下に挟んで車高を決めました。

I setup the ride height today. The tires were turned ABS resin - the same as in the case of restored the black No.59 model car.

シャシー中央には当時に埋め込んだM2のナットが健在でしたが、1点止めでは不安なので、前後2点のネジ止めに変更します。タップ工具できちんとネジ溝を切っておくと安心です。


フロントのホイールシャフトはボディ側、リアのシャフトはシャシー側に固定するという変則的な構造です。そのためダッシュボードをシャシーに接着してしまうと、仮組みの際になにかと不都合なので、極小ビスで前後左右に微調整が効くようにしました。


ノーズと両サイドのスポイラーは、39号車と同時に洋白板(0.15mm厚)で作ったパーツが残っていたので楽チンです。過去の自分に感謝!ですね(笑)


この製作記を見たマクラーレンF1マニアの友人から、"なんでプロバンスなんだ?ルーフがペシャンコで似ていないじゃないか!"とお叱りのメールを頂きました(笑) いや、単にプロバンスのキットが好きなだけですけど、いけませんか? 


ちなみに上の画像はオートバーン/MRコレクションのロードバージョンとの比較。フェイスの解釈もルーフのボリュームも違うし、オートバーンのほうがひと回り大きいんですよ。もちろんノギスをあてて1/43スケールに換算すると‥なんて、野暮な比較は致しません。
スポンサードリンク
| PM McLAREN F1GTR-LM | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gdist43.com/trackback/1302507
トラックバック