CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< ONE OF THE TOP OF MY WISH LIST - LOTUS77 | main | ROAD TO SHIZUOKA 3 >>
ROAD TO SHIZUOKA 2
ホイールは当時リアクトから発売されていたメタルパーツを使います。鋳造はキレイなほうですが、念のため#1000のサンドペーパーで軽く面を出しておきました。リアホイールはインナー用のリムと接着するように指示されていますが、慣れれば半田のほうが圧倒的に早いし、確実です。

Today I set up the white metal wheels which were released by REACT - Japanese model car shop - many years ago. 

ブレーキディスクとキャリパーのエッチングパーツもセットに含まれていました。やや厚手(0.25mm)の洋白製でゲートも多く、モーターツールにダイヤモンドディスクを付けて、切り取りと整形を一気に済ませます。


エアバルブは0.5mmの真鍮パイプにZモデルのリベットを突っ込んだもの。センターロックナットは平径1.6mmの六角ユニオンと1mmの真鍮パイプの組み合わせです。


ホイール本体にはラッカー系のサーフェイサーを吹きました。こういう細かいパーツは後でサンドペーパーを掛けなくてもいいように、スムースな吹き肌を目指しましょう。缶スプレーより塗料の希釈具合が調整できるエアブラシのほうが向いてます。


目玉クリップにSTR3のステアリング塗装の名残りがあってカラフルですね(笑)
スポンサードリンク
| PM McLAREN F1GTR-LM | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gdist43.com/trackback/1302504
トラックバック