CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< INITIAL "S" | main | BUILD UP THE SUSPENSION IX >>
CARE FOR PAINTS
使おうと思った塗料の蓋を開けたら、中身が完全に硬化していてダメじゃん‥という経験をお持ちじゃありませんか? 特にエナメル系の塗料なんて、普段は黒とジャーマングレーくらいしか使う機会がないもので、1年に1回は瓶の中身をかき混ぜてメインテナンスしておいたほうが良さそうです。

経験上、クリアーレッドやイエロー、ブルーなどの染料系の塗料は、たとえゼリー状になっていたとしても、溶剤を加えて根気よく混ぜると復活させられる可能性が高いです。


ありゃ〜、上の画像のように顔料と樹脂成分が分離してガビガビになっているものはダメですね。廃棄して新しいのを買いましょう。


30分ほどでメインテナンスを終え、ついでに引き出しの中のレイアウトを少し変えました。臭気の少ないエナメル系、アクリル系の塗料は、接着剤やコンパウンドと一緒にまとめて保管。これで効率が少しでも上がればシメたものです。

※ 塗料を使い終わった後、瓶の口のまわりにこびり付いている塗料は、よく拭き取ってから蓋を閉めるようにしましょう。内蓋の密着度が上がって、溶剤が揮発する度合いが低くなり、塗料の寿命が長くなります。
スポンサードリンク
| TOOLS | 04:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gdist43.com/trackback/1302491
トラックバック