CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< June 2014 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< RECENT PURCHASE | main | NEW COMERS IN SPRING >>
TIGHTEN THE TINY BELT II
昨日、"サテン地の薄手のリボンで、ギフト包装に使うようなの持ってる? 黄色とか青とか?"と妻に尋ねたところ、売るほど出てきてビックリしました(笑) 貧乏性でなかなか捨てられないそうです‥。

前々回のエントリーで"作業前にラッカー系のつや消しクリアーに浸して繊維を固める‥"と書きましたが、実際にはこんな感じで行なっています。


この下処理を行なっても、いざシートに取り付けてみると、ベルトの端から細い繊維が飛び出すことがあります。ピンセットでつまんで取ろうものなら、繊維がほつれてエッジがギザギザになりかねません。そこで活躍するのがライター(チャッカマン)。炎を一瞬近づけるだけで、きれいに溶けてまとまってくれます。


最近のF1マシンにはシートの両脇にドライバー救出用のベルトが付いていて、4本あるベルトのうち前側2本はオレンジ、後方2本はブルーのリボンを貼ってみましたが、いざシートをコクピット内に収めてみると、さほど目立ちませんね‥。


それよりも気になったのが、ショルダーベルトの上端とヘッドレスト下縁の間隔が開きすぎて不自然に見える点。ベルトの取り付け金具はもう少し上にあったほうが良さそうなので、この部分だけやりなおすことにしました。


古い金具(洋白線)をピンセットで引っこ抜き、その上方にコの字に曲げた洋白線を差し込んで、新しく切り出したベルトを取り付けています。スペアのデカールも貼り直してスッキリ!


来週はこのステアリングをなんとかしたいですね。
スポンサードリンク
| TORO ROSSO STR3 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gdist43.com/trackback/1302473
トラックバック