CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< SUPPORT THE FOOT, ALINE THE BODY | main | BUILT UP THE SUSPENSION >>
DRAW THE WHITE LINE
F1の模型を作るとき、タイヤにブリヂストン(もしくはグッドイヤー)のロゴが入るとテンションがアガりません? このSTR3はイタリアGP仕様のレインタイヤなので、表面の皮剥きがいらない代わりに、識別用の白いラインを入れる必要があります。

シャープで細い線をタイヤの溝の中にどうやって描くか? 筆塗りはほぼ無理だし、デカールでも難しいと判断して、幅0.3mm、厚さ0.1mmの洋白帯金をくるっと丸めて埋め込んでみたらどうか?という結論になりました。


塗装はミッチャクロン(プライマー)を吹いた後、ラッカー系のつや消し白を薄く吹き付けます。洋白帯の両端はカギ状に曲げて、あらかじめ開けておいたタイヤの下穴にグイっと押し込んで固定しました。


エアブラシのカップにまだ白の塗料が残っていたので、ついでにIII突のリアフェンダーの車幅識別用の帯も塗っちゃいましょう。こちらはタイヤと違ってラフなほうがそれっぽいので、マスキングもご覧のとおりイイ加減です(笑)


塗り上がってからエナメル系で若干の汚しを入れてます。汚しといえば、車体上面にうっすら埃がのった状態を再現したくて、AKインタラクティブの塗料を香港のLUCKY MODELから通販したところ、顔料と溶剤が完全に分離していて、いくらかき混ぜても塗料にならず使えない!というオチでした。


明日に続きます。
スポンサードリンク
| TORO ROSSO STR3 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gdist43.com/trackback/1302465
トラックバック