CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< TRACK & WHEELS | main | SUPPORT THE FOOT, ALINE THE BODY >>
RECENT PURCHASE
週の始まりは買いもの報告から‥。スタジオ27RB6用カーボンデカールと、スウェーデンのCANFORAが出しているON DISPLAY vol.2、III突の作例集です。カーボンデカールのほうはお値段がけっこう張りますけど、サスアームやウイングの形状に合わせて切り抜くのはかなりの手間と技術が必要ですし、それをカバーしてくれるものであれば、まぁまぁ妥当な値付けではないかと思います。

デカールシートは3枚構成で、ていねいな指示の入った説明書が付きます。実車写真を見ると、フロントのアップライトの市松模様など、けっこう目立つのでありがたいですね。肝心の使用感・フィット感については後ほど‥。


III突の写真集は昨年の秋頃、ルマンの会の会合でK会長に見せていただいた折に、欲しいなと思って出版社のサイトから直オーダーしました。支払いもペイパルで簡単でしたけど、2ヶ月ちかく経っても一向に届く気配がないので、メールで催促したら1週間で届きました(笑)


本文は英語ですが、大判の途中写真も手伝って理解しやすい内容です。それにしても北欧圏のモデラーの色彩のセンスとバランス感覚は素晴らしいですね。いつかこんなジオラマを作ってみたいです。


それから、新調したモーターツールの件ですが、コレットチャックの2.4⇄3.2mmの付け替えがかなり面倒だったので、思い切って2本体制にしました。グレーのものはツールプラザのオンラインショップで購入した(Yahooオークションではもっと安価で売られている模様)TPH-7501という機種ですが、白のCreateIIIと同型だと思いきや、じつは微妙に大きさが違っていたという(笑)


2本の使い勝手を比べてみると、スペックの数値は同じなんですが、実際にモーターを回転させたときに手に伝わる感覚が違う! グレーのTPH-7501はゴリゴリゴリっという感じで回転が上がっていき、個人的にはCreateIIIのほうが当たりが柔らかくて好みな感じです。上の画像でも判るように、回転軸の周囲の隙間も狭いので、削った材料の粉塵が入り込むことも少なさそう。このハンドピースだけ単品売りしてくれれば良いのに‥。
スポンサードリンク
| PURCHASE | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gdist43.com/trackback/1302463
トラックバック