CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< F1MODELING MAGAZINE VOL.51 | main | RECENT PURCHASE >>
REPAIRING PAINT DAMAGE OF McLAREN F1-GTR III
1997年に作ったプロバンスのマクラーレンF1-GTRの修理が完了しました。いったんは部分塗装が完了したリアフェンダー部分の塗膜ですが、1ヶ月ほど経ってみると若干ヒケが出てきたので、もう一度マスキングして塗装と磨きを行いました。


I have finished the repairing work of McLaren F1-GTR which I built in 1997. You would see all of the progress photos with English on my facebook page.
タイヤは黒のABS樹脂から旋盤で削り出します。ABSの直径が20ミリと大きいので、ミニ旋盤のセンターに貫通させることが出来ず、加工にはいろいろと工夫が必要です。


サイドウォールを削る"姿バイト"は野村勲氏から譲り受けたもの。刃物台の角度を微妙に動かしながらそれらしいシルエットに仕上げていきます。片面を削り終えたら、タイヤの外径に合わせて作ったABS製の治具に固定し、もう片面を削り出しました。


サイドウォールに貼るミシュランパイロットのロゴマークは、10年前に作ったインレタがそのまま使えました。裏面の糊ってけっこう長持ちするものですね。


修正痕をルーペを使って覗き込むと、若干の色の違いが判りますが、その境目にはハイライトがピッ!と走っているので目立ちません。黒のメタリックという色にも助けられました。


作業性向上のために取り外していたルーフアンテナとリアウイングを付け直して修理完了です。

スポンサードリンク
| REPAIRS DIVISION | 09:02 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
詳細な画像ありがとうございます。
内側から押さえるのを想像していましたが、押さえる面積が広い外側からの方がよさそうですね。
| デモドリ | 2012/07/23 11:58 AM |
丁寧な作業が、隅々まで行き渡っていて【エクセレント】の一言です…こんな作品を作れるようになりたい…。
| pinoki | 2012/07/24 3:34 PM |
図面で描かれていないものを旋削できるセンスがすごいですね。Mclaren F1GTRは、ショートテイルのこの形が、格好良いと思います。LARK Mclarenを完成させたので、次は、何を作ろうか考え中です。この考えている時間が楽しいですね。
| cojicoji | 2012/07/24 4:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gdist43.com/trackback/1302379
トラックバック