CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< REPAIRING PAINT DAMAGE OF McLAREN F1-GTR II | main | THE FINAL TOUCH OF EBBRO's 72C II >>
THE FINAL TOUCH OF EBBRO's 72C
来週末に開催される静岡ホビーショー/モデラーズ合同展示会に、エブロの72Cを出すにあたって(今年は土日とも参加予定、ルマンの会のブースでお待ちしています)、作例用に貰ったテストショットは、ホイールのメッキの具合がいまひとつだったので、パーツを注文して作り直すことにしました。さっそくエブロのカスタマーサービスに電話したら翌日に届いてビックリ! 代引きで送料も安くはなかったけど、レスポンスの良さに感動です。

じつは電話注文の際、シャシーとエンジンを固定するビスについても問い合わせたんですよ。担当者曰く"単品では注文できない"とのことで、その場は諦めたんですが、ホイールパーツを受け取ったその翌日にメール便が届いて、何かな?と開封してみると、手紙と一緒にビスが入っていました。なんともありがたい話じゃないですか!



ではさっそく、送られてきたパーツを使って工作開始‥。やはりエアーバルブがないとさみしく思えたので、近所の模型屋でさかつう製のパーツを買ってきて、取り付け穴をピンバイスで開孔しました。バルブは洋白の挽きもので、そのままだと角張りすぎて見えるため、トップのエッジをサンドペーパーで若干丸めておきます。


リムとスポーク部分の塗り分けは前回、マスキングゾルを使ったところ、あろうことかゾルを剥がした後のメッキ皮膜が曇ってしまったので、今回は細く切ったテープを重ね貼りして丁寧に塗り分けます。

スポンサードリンク
| LOTUS 72 | 10:57 | comments(0) | - |
コメント
コメントする