CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< HOW TO ORGANIZE MY DESKTOP | main | PARTIALITY FOR DFV >>
LATHE MAN
EBBROのロータス72Cは素組みで作るつもりでしたが、コクピット周辺はディテールが若干さみしく感じたので手を入れてます。この段付きのメーターリングがどうしても欲しかったので、久々にミニ旋盤を回してみました。いくら塗装が進歩しても、やっぱりアルミ削り出しの質感にはかなわないなぁ〜と思う今日この頃。

ところで、ウチにあるミニ旋盤(トヨML-210)は数年前、野村勲氏がモデルフィニッシャーを廃業されるときに譲り受けたもの。当初は手をケガするのが無性に怖く、1年くらい触れませんでした。最初に作ったのは刃物台にセットしたバイトの高さを確認するためのゲージ。それから模型を展示ベースに固定する際に挟むスペーサーを作るなどして、徐々に慣れていったわけです。


今にして思えば、野村氏の工房で氏が旋盤を駆使してホイールのリムやライトレンズを作るのを脇から眺めていたことが、かなり役に立っています。『ハンズに売っている細い線材は柔らかすぎてうまく挽けないから、面倒でも太めの素材を手に入れてそこから削り出せ』なんてアドバイスも頂きました。


そんなわけで、ちょっと面倒で材料もたくさん無駄にしちゃうんですけど、今回のメーターリングも直径10ミリの丸棒から挽き出しました。最後の切り落としは永尾研究所の『小さな正面突っ切りバイト』が便利です。でもせっかく作ったリングが切り子にまぎれて行方不明になるので(笑) 切り落としの前に旋盤まわりをきちんと掃除してから作業に臨みましょう。
スポンサードリンク
| LOTUS 72 | 15:08 | comments(3) | - |
コメント
 私も職業柄、小さなスペーサーを旋盤でよく作ります。
 切り落とす際に、心押し台のチャックに加工穴径よりも細いシャフトを取り付け、それを加工した穴に差し込んでから突っ切るようにすると、うまい具合に、切られたスペーサーがシャフトに引っ掛かります。 
 切り屑に紛れて紛失という悲しい事故を何回か経験し、この方法を思い付きました。
 上村さんの使っている旋盤も、心押し台が付いている様なので、一度お試しあれ。分かりにくい説明で申し訳ないです。
| cojicoji | 2012/03/23 11:29 PM |
Out of this world!

Amazing quality.
| Michael | 2012/03/24 12:03 PM |
cojicojiさん、アドバイスありがとうございました。心押し台にシャフトを付けて引っ掛けておく、そのひと手間を惜しまないことがパーツ紛失を未然に防ぐことに繋がるんですね。

Michael, thanks for a compliment but it was not so hard work to compare with 1/43 scale. Here's the completed image.

http://img.blog.gdist43.com/20120405_2916030.jpg
| kamimura | 2012/04/05 8:46 AM |
コメントする