CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< MODEL CAR PEOPLE IN RETROMOBILE | main | REPAIRING THE DAMAGE OF FERRARI 250GTO FB >>
REPAIRING THE DAMAGE OF FERRARI 275SPYDER NART FB
昨年末、器具洗浄や接着剤落としで多用するアセトンをネット経由で購入したところ、今さっき警視庁の方がやってきていろいろ質問されました。爆弾テロ対策の一環だそうで、このブログとHPをお見せしてその使用目的をご納得いただきましたが‥。素人が薬品を2リッターも3リッターも買い込むと、販売店からそのスジに連絡がいくそうなので、買うならせめて500ccくらいにしておきましょう(笑)

                ※

さて、以下の画像は先だってFacebookページのほうにも投稿した、Le Phoenixのファクトリービルトの修理作業、すっかり黄ばんでしまった透明パーツを交換する手順です。

I posted several photos of repairing the damage of Le Phoenix's Ferrari 275GT Spyder NART on the Facebook page (with English captions) .

まずはガッチリと接着されているヘッドライトリム周囲にエナメルシンナーを流し込み、先端が平らなピンセットを僅かな隙間にこじ入れ、リムとカバーを剥がしていきます。カバー本体は経年変化の為、ご覧のとおり黄変だけでなく非常に脆くなっていました。


今回は修理品と一緒にAMRの275GTB用のスペアパーツも用意して頂いたので、型を作ってバキュームし直しという面倒な工程を省略できたのはラッキーでした。ソフトトップのリアウインドウはGTBのパーツが使えないので、0.3mm厚の透明PET板を切り抜いてはめ込みます。


新しい透明パーツのフィッティングはいつもの通り、タミヤのデカール用はさみで切り出してからデザインナイフで輪郭を攻め、400番と1000番のサンドペーパーで微調整。接着はマスキングテープの細切りで仮止めした状態で、水に溶いた木工ボンドを筆で流し込み、完全に乾いたところで綿棒ではみ出しを清拭、裏側にエポキシ接着剤を塗ったエッチングリムを乗せて完成です。


ボディをいじくっている間に、ドア下のエッチングモールが外れてしまいました。接着剤の跡をみると‥なんだろう? BBRの完成品によく使われているBISON系かな? しばらくアセトンに浸けても溶けなかったので、デザインナイフでそぎ落としてからエポキシで再接着します。


サイドウインドウの三角窓もPET板から作り直しました。はみ出したエポキシ接着剤はいずれ黄変するので、完全硬化する前に爪楊枝か先の尖った綿棒でつついて取り除いておきます。


そんなわけで、なんとか無事に修復できました。今となっては貴重なファクトリービルト(eBayだと1500USD〜)なので、キレイに直せて良かったです。もし同じような経年変化のミニカーをお持ちでしたら、修復のお手伝いが出来るかもしれません。詳細はメールにてお問い合わせ下さい。


スポンサードリンク
| REPAIRS DIVISION | 16:55 | comments(4) | - |
コメント
しかし、プライバシーもへったくれもないですねぇ。
その旨の告知はhomepageにあったのでしょうか、なんだかイヤな感じです。
| デモドリ | 2012/02/23 9:36 PM |
警視庁ですか・・・凄いですねTVみたいですね。
アセトンは私達にとっては身近な液体ですが一般的にはなかなか危険な液体と言う事でしょうね。本当は慎重な扱いが必要な液体なのです。本来ならシンナーなども一定量以上は保管庫を作らないといけなかったり致しますからね〜。一斗缶を一般住宅の中に置くのも蒸発の事を考えると余りお進め出来ないですからね。
アセトンは私も大容量ですと安くなるので多めに買った事が有りますが島根県警は来ませんでしたね〜(笑)
| Studio_Rosso | 2012/02/23 10:36 PM |
デモドリさんはよくご存知だと思いますが、このネット社会、そもそもGoogleのアカウントを取った時点で、プライバシーなど捨てたも同然‥という感じがします(笑) 

通販したHPには、アセトンは危険薬物なので電話で本人確認と用途を確かめる旨が記載されていました。その警視庁の方が言うには、尿素なんかも爆弾の材料になるので、農家以外の人間が大量に購入した場合は調べに行くそうです。ホントにお勤めご苦労様ですと言いたくなります。
| kamimura | 2012/02/24 9:32 AM |
埼玉県警じゃなくて警視庁の爆弾テロ対策ですからね‥。整骨院の診療中におみえになったのですが、ひと目で患者さんじゃないな〜と判りました。挙動不審にならず、冷静に対応できて良かったです(笑)

シンナーやアセトンの保管の件、くれぐれも気をつけます。
| kamimura | 2012/02/24 9:50 AM |
コメントする