CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE.

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
ADDIO KOZAKKY
僕が身を寄させてもらっている『ルマンの会』の会員さんの訃報が届きました。実直そうな人柄で、模型のこと以外には言葉を交えることはほとんどありませんでしたが、年齢的も近く、ちょうど同じ時期に結婚したばかりということもあって、どことなく親近感があっただけに、正直、動揺しています。 とりわけGr.Cがお好きで、スキっとした仕上がりの模型を作る方でした。合掌。

30代も後半にさしかかって、いろいろ考えることが多くなりました。一度きりの人生なんだから、思うように生きてみてもいいかな〜? 250LM、本日完成です。

続きを読む >>
スポンサードリンク
| ROTAREX 250LM | 10:45 | comments(0) | - |
FERRARI 250LM PART III
250LMのボディが完成しました。久々のラッカー系クリアーのイッキ塗りはエアブラシを握る右手に緊張が走りましたが、うまくいったぜベイベー! 洋白製の窓枠やドアノブ、ヘッドランプ類の収まりも、じっくり時間をかけただけあって違和感のない仕上がりです。こうなったら早いとこコクピットを組み上げて完成した姿を拝みたくなりますが、焦りは禁物! こうやって完成一歩手前のモデルカーを掌の上で転がしながら眺めているだけでもじゅうぶん楽しいですから・・。特に'60年代のプロトタイプ・フェラーリの造形は、たとえそれが実物の1/43の大きさであっても、モデルを通じてその美しさを堪能することが出来ます。V.Bosicaの一連の作品に通じるところの『細部表現をひたすら追い求める』路線も好きですけど、今の気分は完全にこっち側・・・ですね。


次は250GTO?それとも330LMB? 作ってみたい車は山ほどあります。
続きを読む >>
| ROTAREX 250LM | 10:54 | comments(0) | - |
FERRARI 250LM PART II
この250LM、『3月いっぱいで終わらせる』などと言っておきながら、やはり見込みが甘かったようで、良く出来ているといってもやはり10数年前のキット。細かい部分を追い込んでいくと手間がかかりますね。特にインテリアが・・

でも、他のメーカーのものを探すとしても、現在ではAMRのメタルキットとFeeling43のフルディテールモデルぐらいしか思い浮かびません。AMRは絶望的に似ていないし、Feeling43のコレは気軽に作るってわけにもいかないですしね。コジマさんにはぜひ再販をお願いしたいところですが、エッチングパーツの問題もあってなかなか難しいようです。

続きを読む >>
| ROTAREX 250LM | 11:25 | comments(0) | - |
FERRARI 250LM PART I
ようやく模型の話題です。HPの表紙にも登場しているフェラーリ250LM(実際は275という話ですが、ここでは見慣れたほうの呼称でいきます)はロタレックスというブランドのキットで、五反田にあるミニカーショップコジマから10数年前に発売されたものです。

大昔のモデルアート誌にレビューが載っていましたが、その写真と手元にあるコレを見比べると、面白いことに内容が若干異なっていて、どうやら僕が作っているのは初代ではなく、リファインされた二代目のようです。ボディはレジン、シャシーその他はホワイトメタル、エッチング製の繊細なワイヤーホイール、挽きモノのドアノブやナンバー灯が入っていて、当時はかなりクオリティの高いキットでした(値段も一万数千円はしていたと思います)。

続きを読む >>
| ROTAREX 250LM | 12:59 | comments(0) | - |
HOW TO MAKE THE WINDOW
『F1MODELING』の原稿を書き終えてほっと一息・・入れる間もなく、次はロタレックスの250LMを仕上げてしまうことにしました。もう、締め切り間際であたふたするのは懲り懲りだですから・・。



残りの作業といえば、ウインドウをバキュームフォームで作り直し、洋白線で窓枠を追加して、仕上げのクリアーを吹き重ねて・・まだまだやるべきことは多いですね。
| ROTAREX 250LM | 23:44 | comments(0) | - |
WHAT'S ROTAREX?
機械加工のパーツで前からお世話になっているG氏から、250LM用のテールランプが届きました。オレンジと赤のアクリル板、それにアルミを組み合わせて削り出したコンビネーションランプ、このクオリティに負けないように仕上げるのはエライことです。静岡ホビーショウの合同展示にはなんとか間に合わせたいんですが…。

続きを読む >>
| ROTAREX 250LM | 23:21 | comments(0) | - |
TRYING URETHANE PAINT III
先月のエントリーでもお勧めしたYOW MODELLIのウレタン塗料ですが、次期商品のサンプルとしてホワイトの塗料を頂き、さっそく250LMに使ってみたのでご覧下さい。さすがにサーフェイサーの時とちがって、塗装後10分で研ぎ出しOKというわけにはいきませんでしたが、2回塗りでこの隠蔽力の強さは驚異的! 吹いた感じも今までのラッカー系と変わりなく、ただ、筋彫りへの入り込み具合が予想以上に良かったので、中途半端な筋彫りでは埋まってしまう可能性もあるようです。



YOW MODELLIではこのホワイト以外にも、黒、赤、黄色などの基本色、そして特殊なメタリック、パールカラーも対応を予定しているそうなので、興味のある方は相談してみてはいかがでしょう?

http://yowmodellini.com/
| ROTAREX 250LM | 20:50 | comments(0) | - |
TRYING URETHANE PAINT II
ウレタンサーフェイサーの件で、その後、Yowさんから直々にアドバイスを頂きまして、硬化剤の入れ過ぎは良くないとのこと。要は化学反応なので、10%の推奨値より少なくても良いそうです。



それにしても肉ヤセの心配をしなくて済むのは嬉しいかぎりで、切った貼ったの大改造を施した250LMもご覧のとおり、きれいなライトグレイに化けてくれました。細かい番手の耐水ペーパーを使った研ぎ出しもスムースそのもので、ほら、フェンダーの上にあるエッジもキレイに出ているでしょ?
| ROTAREX 250LM | 18:21 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |